會話

電話——「友達だから」
上海にいる森緑と東京にいる佐藤秀麗が電話で話している。緑は上海に來て2年、定期的に秀麗と連絡を取り合っている。緑は中國人と付き合っていて驚いたことを秀麗に相談している。

緑:そう言えば、この間、中國人の友達から突然電話がかかってきてね。
秀麗:うん。
緑:旅行に行く間、飼ってる犬を預かってほしいって言われたの。
秀麗:へえ。犬。
緑:それで、わたし、2、3日だと思って、いいよって言ったんだけど。それがねえ。
秀麗:どうしたの?
緑:預けに來た時、1か月預かってほしいって言うの!びっくりしちゃった。
秀麗:で、1か月預かったんだ。
緑:というか、今もまだいるのよ。徹平と瑛士は大喜びだけどね。
秀麗:そうなの。
緑:でも、えさとか用意してってくれるのかなって思ってたのに、來たのは犬だけで、これもまたびっくり。
秀麗:日本の感覚だとそうかもしれないね。でも、中國人は友達だったらとことん助け合うのが當たり前だからなあ。
緑:うん。秀麗、昔そんな話してたよね。
秀麗:わたしは逆に、日本人の友達が何でわたしを頼ってくれないのか、悩んだんだよね。寂しいなあって。
緑:そうかあ。頭では分かってるんだけどね。やっぱりなかなか慣れなくて。

(話の最後に)

秀麗:そう言えば、年末は帰國するの?
緑:うん。それがね、今年は休みが取れなくて。上海で年越しすることになりそう。
秀麗:忙しいんだね。
緑:そうなの…。でも、來年の冬はゆっくり帰るつもりなの。そしたら、前から言ってた旅行、どう?
秀麗:いいね。ぜひ。

新出語葉1

ていきてき(定期的) [形2] 定期地
とことん [副] 徹底;最後、到底
としこしする (年越し) [名·サ變自] 過年
そしたら [連] 如果那樣、要是那樣的話

というか 豈止是那樣
ぎゃくに (逆に) 反倒、反過來

下一頁:課文及單詞2